IaaS導入カラオケ店

僕はカラオケが好きでよくいきます。
しかし、カラオケ料金って結構高いですよね。
また、好きなアーティストのLIVE動画
などの本人映像マイナーな曲などを
歌いたいと思ったとき、
なかなか配信されていなかったりします。

(実体験でありました。)

そこで、カラオケにも
IaaSを導入したらどうでしょうか
というご提案です。

IaaSとは、主にIT用語で
使われる言葉ですが、
要は「インフラ(※)は用意するので
あとは自由に使ってね」
という仕組みです。

※インフラ:そのサービスの基盤となるもの。ハードウェア。

カラオケの映像モニター
音響設備などの機器は
店側で用意するので、
カラオケの音源映像
お客様自信で用意してください
という仕組みです。

カラオケ機種って、
DAMとかJOYSOUNDなどがありますけど、
これの機器を購入しようとすると
100万円以上掛かります。(×部屋数)
そこからシステム利用料など
掛かると思うので、
現状機種に対する固定費が
結構掛かっていると思います。

IaaSを導入するとは、つまり、
このカラオケの機種設置を廃止し、
音源映像データはお客様に持ってきて
いただこうという仕組みです。

現代はほとんどの人がスマートフォン
を持ってると思いますので、
スマートフォンからモニターへ
動画をキャスト(※)できるサービス
を使用すれば実現可能です。

※キャスト:動画コンテンツをTVなどの映像出力機器にストリーミングすること。

例えば、Google Chrome Castを導入します。
店側がWi-Fi環境さえ提供すれば、
お客様が好きな曲
お客様自信のスマホで選んで
モニターにキャストし、
カラオケを楽しむことができます。

Google Chrome Castは様々な種類の動画配信サービスと提携しているため、YouTubeはもちろんのこと、dTVやhuluにも対応しているため、自由度は高いです。

Google Chrome Cast
5,000円程度で購入できるため
非常に安価です。

また、dTVなどの動画配信サービス
では、カラオケ音源データも
配信しているため、
通常のカラオケと同等の
楽しみ方ができます。

カラオケにIaaS型のサービス
いかがでしょうか。

トップへ戻る