書籍のシェアリング

本・漫画・雑誌などの書籍を集めているけど、自宅の本棚で眠っているだけでなかなか読む機会がない。スペースの無駄使いだと認識しているけど、売ったり捨てたりしたくない。

そんな書籍たちを所有権はそのままに有効活用してはどうでしょうか。

今回提案するアイディアは、自宅に保管している書籍を所有権をそのままにブックカフェに貸し出し、書籍を読んでもらう度にリターンを得られるサービスです。

サービスの仕組みとしては、以下の感じです。

〔サービスの仕組み〕
書籍の貸出者が書籍のオーナーとしてブックカフェに書籍を提供する。
・ブックカフェはカフェの利用者に書籍を無料で貸し出す。貸出対象者はカフェの利用者なので、カフェ内で飲食物を購入していること。
・書籍が貸し出されるごとに、その書籍のオーナーにポイントが加算される
・書籍はオーナーの要求があればいつでもオーナーに返却することができる。

このサービスを実施するにあたっては、以下のメリットが存在すると考えます。

〔書籍のオーナー側のメリット〕
自宅に本棚が要らなくなる
・読みたくなった書籍はいつでも返却してもらうことができる。
・ブックカフェに書籍を預けているだけでポイントが貯まっていく。(ポイントが店内だけの使用か現金化できるかはお店の設定次第)

〔ブックカフェ側のメリット〕
・オーナーが書籍を提供してくれるため、書籍の購入が不要

ブックカフェのマネタイズは以下の感じです。

〔ブックカフェのマネタイズ〕
・ブックカフェの利用料(会員費・入場料)または飲食物代(カフェ利用料を含めて割高で設定できる)

自宅で眠っている書籍を資本とした新たなブックカフェの投資サービス、いかがでしょうか。

トップへ戻る